2017年11月10日金曜日

【スピ系自己愛】洗脳牧場は楽しいかい?【危険な指導者】

Copyright: https://www.123rf.com/profile_redxiii/ 123RF Stock Photo

前回のマーサ・スタウト著「良心をもたない人たち」に続き、今回もまた、手持ちの良書から「スピリチュアル・ナルシシズム(スピ系自己愛)」の理解に役立つ部分をご紹介します。

依存心まみれの生徒+スピ系自己愛指導者=洗脳牧場。
http://sayonara-psychopath.blogspot.com/p/blog-page_26.html

ちょっと分厚いのでとっつきやすい本ではないかもしれません。
でも、「さよなら、サイコパス(Psychopath Free)」の主題である、自己愛性人格障害をこじらせて邪悪さの域へと突入した人間たちについての理解を深めたいのであれば、ぜひ一度は目を通しておきたい一冊です。
本ブログでも「推薦図書」の一つとして挙げております。


文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 10,047

自分の中核となる考え方や主義信条。
どちらの道へ進んだら良いのか、という人生における重大な決断。
言うまでもなく、他人に委ねて丸投げしてしまうのは望ましくないばかりか、大変な危険をもはらんでいます。

なぜ、いい年した大の大人がそんなバカなことをしてしまうのか。


スピ系自己愛指導者たちが何らかの洗脳テクニックを用いて、じわじわと私たちの考えを蝕み、コントロールしているから...かもしれませんよ。
続きはリンク先のM.スコット・ペックの文章で直接お読みください。


笑っちゃいけません。
私たちが生きているこの世界は、既に洗脳やコントロールで満ち満ちているのですから。
毎日目にする広告。
テレビに出てくる偏った芸能人の顔ぶれ。(某宗教の信者、多し。)
偏向報道。
「これも、洗脳?」と疑いたくなるような例を挙げればきりがないほどです。


スピリチュアル業界も全く同じです。
むしろ、他の業種より洗脳の仕込みがもはるかに盛んに、しかも巧妙に行われていると思った方がいいです。
スピリチュアル商売人のテリトリーに足を踏み入れるのは、洗脳/コントロールテクニックの人体実験に進んで参加するようなもの。
そのぐらい疑ってかかった方がケガしなくて済みます。
同じケガでも軽傷で済ませられます。


「自分にとっての【グル(尊師)】は、外の世界の誰かが務めて当たり前」


...そのような思い込みに毒されていると、知らず知らずのうちに洗脳牧場へと導かれ、心と頭の自由をはく奪されかねませんよ。
「もうこいつは不要だな」とグルが判断すれば、あっという間に屠殺(とさつ)され、晩のおかずとして食べられちゃうのがオチなんですけどね。


おー、コワいコワい。


今からでも遅くはありません。
生き方・考え方の大転換をすることで、牧場に囲い込まれない、簡単に騙されない人になりましょう。


自分の人生は、自分が決める。
ヘタに外部の人の判断を仰がない。
選択にあたっては、100%自分が責任を負う。
早く答えを知りたい!という幼稚な欲は捨てる。


こうした生き方を心掛けていくだけでも、いかさま指導者に引っ掛かる確率はガクンと落ちるはず。
そうしたインチキ野郎の牧場に囲われて、あたかも自分が本当に強く、頼もしくなったような錯覚に陥る癖。
そろそろやめませんか。


【シープル】SHEEPLE(羊sheepと、人間peopleを合わせた造語。)
としてのつまんない一生なんてゴメンですよね?
だったら、いい加減に目、覚ましましょう。

【Wikipediaより:「シープル(: Sheeple)は、英単語(sheep)と人々(people)を組み合わせて作られた混成語である。群集動物である羊のような人々という意味で、非難や揶揄で用いられる言葉。批判的な分析や調査を行うことなく、他人の示唆を自発的に黙認する人を指す。」 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB。 】