2017年12月19日火曜日

【コラム】サポーター失格

サイコパス人間は薄っぺらいお世辞やほめ言葉を口にするが、それも相手の信頼を勝ち取るまでの短い間だけ。
本当にサポートしてもらいたい、支えが欲しい、という時にはまるであてにならない、そんな連中なのだ。
相談したところで、生返事が返ってくるか、もしくは完全にスルーされるか、が関の山だろう。


付き合いが長くなるにつれて、あなたは少しずつ相手に調教されていく。
そして、「私の気持ちなんて別に大したことじゃない。そんなことで、わざわざあの人を煩わせる必要は無い。」
と考えるようになる。


つらい目に遭った。
病気になった。
パートナーからの支えが一番欲しい、そんな非常時でさえ、自分の気持ちを押し殺すようになってしまう。


「あの人に対しては、ポジティブなほめ言葉以外は絶対に言ってはいけない」
あなたなら、そう察知するまでに長くはかからないだろう。


Copyright: https://www.123rf.com/profile_kedsirin / 123RF Stock Photo


そこまで配慮してやったというのに、所詮サイコパスはサイコパスでしかない。
あろうことか、退屈にしびれを切らして新たなターゲットへと走る、という暴挙に出やがった。


要するに、あの連中は人の痛みや苦しみに共感できないんだ。
だから、あなたがどれほど辛い時期を潜り抜けていようがいまいが、思いやりある態度に出るなんて、到底できやしない。
あいつらには荷が重すぎる。


誰かを支えるようなふりをしてみたところで、何をやっても中身が無くて機械的、としか傍目には映らないんだよね。
なにしろ、共感能力がゼロだから。




【参考資料】
「甘えた人間は、他人を傷つけても、自分が傷付けたということに気がつかない。指をしゃぶっている四歳の子どもがわからないのと同じである他人の心の痛みがわかったら、もはやその人は甘えているとはいえない。 

(中略)

甘えた大人が平気で弱い者いじめができるのは、他人の気持ちがわからないからである。この世に存在するのは自分の気持ちだけである。自分の衝動だけを大事にする、というより、甘えた大人には、この世にそれだけしか存在しないのである。 

だから、甘えた大人は他人を平気で傷つけるが、自分が傷ついた時にはヒステリーを起こして騒ぎまくるのである。

(中略)

甘えた人間と甘えていない人間が接触した時、傷つくのは必ず、甘えていないほうの人間である。
(「自分を嫌うな」加藤諦三、三笠書房、1984、pp. 142-146)

自分を嫌うな (知的生きかた文庫) 
自分を嫌うな (知的生きかた文庫)posted with amazlet at 17.12.18
加藤 諦三
三笠書房
売り上げランキング: 61,450 
Amazon.co.jpで詳細を見る