一つの嘘から、全てが狂う。その人は、空想虚言者かもしれない。

Psychopath Freeの公式Facebookページにアップされていた言葉が「虚言癖の人」の本質を見事に衝いていて、大変気に入ってしまいました。
訳文(後半やや意訳かな💦)とともに、こちらに載せておきます。
「自分に嘘をつき、その嘘を信じ込んでしまった人間からは、自分、そして他人についての真実を見極める能力が徐々に失われていく。 
挙句の果てには、自分にも、他人にも、尊敬の念を抱けないような人間へと成り下がっていく。 
尊敬の念を失くした人間には、もう誰一人として他の人間を愛することなどできない。自らの内側に愛を持たないこの嘘つきは、気晴らし無しでは生きられないがために、衝動に身を委ね、最も卑しい類の快楽にふけり、遂には獣(けだもの)同然に振る舞うところにまで堕ちる。 
そもそも、はじまりは全て『嘘』。
...他人に、そして自分についたつまらぬ嘘が、まさかこれほどの結果を招くとは。」


人の素直さ・純粋さにつけこんだスピリチュアル詐欺商売を平気でやれるような人には、この手の嘘吐き輩がわんさかいそうです...。


  
こちらの本、強くお勧めです!


騙されない技術 あなたの傍の嘘つきから身を守る方法
片田 珠美
講談社
売り上げランキング: 271,029
【19世紀スイスの精神科医・アントン・デルブリュックが命名した「空想虚言者」に共通する要素とは...】

①嘘をつく
②嘘を他人に信じ込ませることによって、しばしば詐欺をする
③嘘を自分自身も信じ込んでいる
 

「とくに③嘘を自分自身も信じ込んでいることが重要である。だからこそ、天才的な詐欺師になりうるのだ。
(中略)
空想虚言症は、自分を実際以上に大きく見せかけて注目や賞賛を浴びたい、つまり自己顕示欲の強いタイプに多いからだ。強い自己顕示欲の持ち主は、注目や賞賛を浴びるためだったら、何でもする。嘘も平気でつくし、少々過剰な演技もする。しかも、自己演出が巧みなので、周囲を魅了し、巻き込んでしまうことが多い。 
あなたの近くに、口がうまく、芝居がかった振る舞いをする人物がいたら要注意である。空想虚言者かもしれないので、騙されないように気をつけなければならない。」 
(「騙されない技術 あなたの傍の嘘つきから身を守る方法」片田珠美、講談社、2017)

0 件のコメント:

コメントを投稿