2018年1月26日金曜日

グランド・フィナーレ

「何なの、このひどい仕打ち。正気の沙汰とはとても思えない!」


サイコパス人間に捨てられた時、あなたの口を衝いて出たのはこんなセリフではなかったか。


あいつは、あなたを捨てた。
注意深く時機を見計らった上で、卑劣極まりないやり方でもって。


ひどいのはそれだけじゃない。
サイコパスは、あなたが勝手に自滅してくれればいいのに、とすら思っている。
次の犠牲者の仕込みが本格化してきたこともあって、これ以上あなたに割く時間は無いらしい。
「今度の彼/彼女、前のよりもいいぞ。」と納得するためにも、あなたにはメタメタに壊れてもらう必要があった。


そして、ここ、肝心だからね。
しっかりと聞いて。


あいつはね、あなたを嫌っていたんだよ。
だって、そうでもなけりゃ「壊してやりたい」なんて思ったりはしないだろう?



共感能力も、愛情も豊かに備わっているあなたとは違い、あいつは嘘まみれの自分を作り上げて演技し続けないことには、一日たりとも生きられないんだ。
だから、あなたと一緒にいるだけで腹が立ってくる。
あなたをめちゃくちゃに壊しさえすれば、自分の魂を内側からじわりじわりと蝕んでいく空虚さに歯止めをかけられる、とでも思っているようだ。
その場しのぎの解決策でしかないのにね。


Copyright: https://www.123rf.com/profile_frugo/ 123RF Stock Photo


焼野原


成功者を見つけたら、ぴたりと貼り付き、そこから離れない。
長年に亘る努力の末、ようやく彼らがつかんだものを何食わぬ顔して横取りする。
それがサイコパスという人種だ。


例えば、あなたがきちんとした仕事を持ち、安定収入も得ている、としよう。
サイコパスはあなたの稼ぎに一早く注目し、甘い汁だけ吸いに来る。
仕事探しもろくにせず、のらりくらりと言い訳並べてはあなたに寄生し続けるはずだ。


仲良しの友達グループがいたとしよう。
サイコパス人間をうっかり紹介でもしようものならば、ただじゃ済まないと覚悟すべきだ。
外面だけは良いサイコパスのこと、あなたの友達全員に取り入ることなんてほんの朝飯前である。
ふと気が付けばグループは奴に乗っ取られ、あなた以外の全員が奴に夢中、とまるでファンクラブのような状態となっている。
最後にはあなた一人だけが全員から悪者呼ばわりされて、グループ追放との憂き目に逢うことになる。


骨の髄まで吸い付くされ、身ぐるみ全て剥がされてしまった時点で、あなたは用済み。
気が付いた時には、サイコパス人間は前もって捕獲していた次なるカモへと走り去っていることだろう。


私のこと、最初っから捨てるつもりでいたんだーーー


そう考えるだけで胸がつぶれる。
頭も混乱していて、考えがまとまらない。
何よりも、自分が全く価値の無いクズ人間のように思えてならない。
全てあいつの狙い通りとなった。


しかも悪いことに、自分を捨てたばかりの相手が、目の前で新しい彼/彼女とイチャイチャする姿まで見せつけられるのだから、嫌になる。
一体何が起こっているというのか。


別れを切り出したのはあちら側だが、その理由がいちいち人を小馬鹿にしたようなもので、支離滅裂もいい加減にしろ、といった感じだ。
話の辻褄が全然合わない。


あいつが私にしてくれたことって、何だろうーーー。
冷静に振り返ってみて、あなたは愕然となった。
何も無い。
価値あるものなど、何一つもらっていない。


...強いて言えば、せいぜい嘘臭いほめ言葉やお世辞、といったところか。
こいつ、ホイホイおだてていい気分にさせておけば、何だってやるよ!とでも見くびられていたのだろう。
とにかく、あいつがあなたの人生に寄生し、じわじわとエネルギーを奪っていったことだけは紛れもない事実だ。


苦しみ。

混乱。

カオス。

サイコパスにさんざんたかられ、全てを破壊され尽くした末に残ったのは、この3つだけだった。



サイコパス専用マニュアル:
別れ話はこう進めろ!チェックリスト


あなたをひどい目に遭わせた例の人物、果たしてサイコパスなのだろうか?
もしそうだとすれば、あなたと付き合う一方で、一人、また一人...と次なるカモを背後で物色していたことはほぼ確実だろう。


サイコパスの場合、交際相手との関係を清算し、それがスッキリと片付いてから別の関係へと入る...といった普通のやり方はまず取らない。たいていは、以下のチェックリストに挙げたようなマニュアル通りに動き、相手をとっかえひっかえしていく。


1.【実は惹かれている人が他にもいるんだ】と、さりげなくほのめかす。話の隅々にそう受け取れるようなヒントを散りばめておく。


2.手順1を繰り返す。あなたが気付くまで、何度も何度も。


3.少しも動揺せずに、上から目線であなたに説教。「神経質すぎないか?それって、嫉妬ってやつ?」

4.奴曰く、神経過敏になり、嫉妬心をむき出しにしたあなたが悪い。
よって、無反応・無視の刑に処してもよろしい。


5.手順4までを繰り返す。あなたが自滅の方向へと動き出すまで、何度もやり続ける。


6.あなたが自滅傾向を見せた場面を捕えて、新ターゲットにも「ほら、彼女/彼、ちょっとおかしいだろう?」と確認させる。
これにより、新ターゲットは「そうか、やっぱりおかしい人だったんだ。だったら、自分が二人の間に割って入ったとしても、文句言われる筋合いは無いよね。」と、堂々と開き直れる。


7.ますます自滅傾向が進むあなたを他の人々の目にさらすことで、「あいつ、マジでやばいよ」との自説を強化する。こうしておけば、サイコパス人間があなたを切り捨てた後でも、ファンクラブの面々から引き続き全面的な支援を期待できる。


8.あなたを面と向かって小馬鹿にし始める。
「情緒不安定な奴と一緒にいると、こっちまでおかしくなりそうだ」と、ねちねち説教。二人の仲が悪化したのも、全てあなたに非がある、ってことらしい。


9.これ以上はあり得ない、という程に冷酷非情なやり方やタイミングを選び、あなたを捨てる。

10. あなたの目の前で、新ターゲットに愛想をふりまく。
あなたと離れても自分はこんなに幸せ、と精一杯アピールする。


普通の人々だったら、こんな手順に従って別れ話を進めるだなんて、まず、あり得ない。
だが、「普通」が通用しないのがサイコパスだ。


「自分は悪くない、悪いのはあっちだ。バケモノみたいな奴だよ。」という都合の良い自説を周囲に押し付けるために、連中は必死になって言い訳するんだ。
二股交際に悪びれることもなく、嘘の上に嘘を重ねているというのにね。


上に挙げた10ステップの別れ方マニュアル。
それぞれの手順をきちんと踏んで行きさえすれば、あの手の連中が立場を逆転させて「被害者」ぶるのは実に簡単なのだ。
おまけに、あなたから全てを奪い去り、何一つ残らないようにもできるとあって、まさに一石二鳥である。


0 件のコメント:

コメントを投稿