2018年10月19日金曜日

信じやすい心

2.信じやすい心

「考えるのはいい。 
だが、何もかも鵜呑みにしてはまずいのだ。」 
https://zooll.com/

これ、昔からあちこちで見かけるフレーズだよね。
グランド・フィナーレを既に迎えてしまった人にはぜひともじっくりと噛みしめてもらいたい。
常に頭の片隅に置いておくといいよ。


サイコパス被害から無事立ち直ったサバイバーに数多く接してみてわかったのだが、彼らが共通して持つ、ある種の性格的な特徴といったものは確実にあると思う。
中でも特に目立つのが、

・柔軟性に富む(オープンマインド)
・他人の言葉に影響されやすい

という二つの傾向だ。
もちろん、そうした性格が素晴らしい美点としてプラスに働く場合もあるよね。
これについては僕も異論は無い。


だが、扱いには少々のコツを要する、というのも、また事実である。
まずは自分自身の内側をじっくりと見つめることから始めよう。
自分にもいい部分があった、と満足するだけではだめだ。
そのいい部分を上手に使いこなせるようになり、より適した場所や使い道へと向けてやるところまでやって欲しいんだ。
その手間暇を惜しむようでは、遅かれ早かれ厄介事に巻き込まれるのは避けられない。


あなたは何度も「もしかして、私もサイコパス?」と自分に問いかけたのだったよね。
そもそも、そんな疑問が湧いてくること自体、あなたが石頭人間ではなく、ちゃんと心が開いていることを物語っていると思うんだけどな。
あなたの場合、自分がサイコパスだという明白な根拠があったから自分を疑い始めた、というわけではなかった。
発想が柔軟で、新しい見解を受け入れるだけの開かれた心を持つ人だからこそ、つい、自分自身を容疑者の一人にしてしまった。
ということで、この件についてはひとまず一件落着、としよう。



脳が何か新しい話を持ちかけて来たら、まずはその話に耳を傾けてみる。
来るものは拒まず、だ。
おおらかなあなたは、昔からそうした傾向が強かったんじゃないかな。
だとしたら、時にはお馴染みのパターンをわざと崩してみてはどうだろう。


「何これ。ちょっと、おかしくない???」
大いに笑い飛ばして、あっさりダメ出し。
終了。


といった具合に。
これからは、軽くいなしてやり過ごす、という技も使えるようになるといいよね。
何でもかんでも真に受けるだけが能じゃない。


僕が接触したサバイバーには


「私はひどい人間だ」


との思い込みを簡単に自分の中に取り入れ、そのまま手放さずにいたような人も少なくなかった。
僕としては、これが実に残念でならない。
そのような思い込みをする人に
「ひどいのはあなたじゃなくって、他の誰かかもしれないよ」
といった助言をしてみたところで、当の本人が聞く耳を持たないのだからね。どうすることもできないよ。


とはいえ、そのような人々だって、本来の自分らしさが徐々によみがえり、狂気の渦と距離を置くことができるようになれば、自虐的・自罰的な性格傾向にもやがては歯止めがかかってくるんじゃないかな。
狭くなっていた視野もより広く、そしてよりクリアーになっていくのが少しずつ実感できるようになるだろう。


ここまで来れば、
「私はOK、あなたもOK (I'm okay, you're okay)」【訳注①】

の境地へと到達したも同然、と言っていい。


一方、あいつと付き合っていた頃のあなたはそれとは程遠いところにいたはずだ。
ごくわずかな期間を除いて、


「私はOKじゃない、あなたはOK
(I'm not okay, you're okay)」【訳注②】

との思い込みにガッチガチに囚われていたあの時の自分。
忘れようにも忘れられないよね。



思えばよくぞここまで回復したものだ。
よく頑張ったね、と、自分を大いにほめてあげようではないか。

****************************************************


※レファレンス協同データベース「『I'm OK. You're OK.』は誰の言葉か。http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029241」へリンクします。

【訳注①・②】1950年代のアメリカで「交流分析 Transactional Analysis」という精神療法を創始したカナダ人精神科医のエリック・バーン Eric Berneが最初に使用したフレーズだと一般には言われています。

【参考画像:4つのライフ・ポジション https://www.pinterest.com/pin/496381190164112329/ 】

※「東洋医学の穴 http://o-medicine.net/」へリンクします。
なお、バーンと長年にわたり公私ともに親しい関係にあった精神科医・トーマス・A・ハリスによるこちらの一般向け解説書も、英語圏では未だに版を重ねて売れ続けています。(かつては部分訳の日本語版も出ていたのですが、絶版となってしまいました。)

I'm OK--You're OK 
I'm OK--You're OK posted with amazlet at 18.10.18
Thomas Harris
Harper Perennial (2004-07-01)
売り上げランキング: 151,671
Amazon.co.jpで詳細を見る
最近の日本語による交流分析(TA)解説書では、こちらがお手頃価格と読みやすさで好評のようです。人と人との間で知らず知らずのうちに作用する力学(ダイナミクス)に興味があるならば、交流分析、きっと気に入っていただけるのではないかな、と思います。面白いですよ!

入門TA~あなたの人間関係をcool-up!するはじめの1冊~ 
入門TA~あなたの人間関係をcool-up!するはじめの1冊~  
posted with amazlet at 18.10.18
浅井 千穂 坂田 芳美 TA教育研究会
売り上げランキング: 8,268
Amazon.co.jpで詳細を見る
****************************************************

「良く言えば柔軟性に富む、悪く言えば流されやすい」。

そうした傾向が自分の中にある、という事実は覚えておこう。


実は、あなたのような人達は、他の性格タイプと比べても催眠による暗示や、他者からの意見といったものからの影響を相当受けやすいんだ。
一つ間違えば命取りとなるからね。気を付けて欲しい。


面白いのは、そうした性格も長所としてとらえることができれば、あなたならではの持ち味として活用できる、ということ。
そう。要は使い方次第さ。
だったらなおさら、上手な使い方をマスターしたいものだ。


性格の話が出たついでに触れておこう。


抑うつ状態(depression)が物の見方や考え方に暗い影を落とす、というのは珍しくない話だ。
一旦うつに陥ってしまうと、肯定的なことを考えるのは難しくなる。
頭の中には否定的な考えの方がより蔓延しやすいし、また、存在感も肥大化しがちだ。
「こっちの方が重要度高いぜ!」とばかりに自己主張して、肯定的な内容を押しのけるものだから、さすがの脳味噌だって否定的思考の厚かましさにころりと騙され、場所を空けてやらざるを得なくなる。


これはウィルス感染時に体内で起こることとよく似ている。
うつ病患者の体内では、できるだけ病状を長引かせようとする「うつ病独特の生き残りメカニズム」といったものが自然と出来上がるのだそうだ。【訳注③】

訳注③: 訳者は門外漢なので詳しいことはわからないのですが、ジャクソンさんの言う「うつ病独特の生き残りメカニズム」については、こちらのNIKKEI STYLE(2016年2月28日付)の記事内容が参考になるかもしれません。 
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO96149410V10C16A1000000?channel=DF130120166091 


(以下、上のリンク先記事の引用です) 
【うつ病になると、脳内の特定の部位にも変化が生じるという。「MRI(磁気共鳴画像法)で脳を調べると、情動を抑える帯状回(たいじょうかい)や記憶などに関わる海馬が、健康な人に比べて小さくなっている」と功刀部長は話す。 
 なぜこんなことが起こるのか。功刀部長は「じわじわ続く慢性的なストレスがよくない」という。ストレスにさらされると、体内ではそれに対抗しようとコルチゾールというホルモンが増える。「この状態が長期間続くと、過剰なコルチゾールが脳を傷害し、海馬などの萎縮を招く」(功刀部長)。】


「ポジティブ思考なんて、ただの妄想。まともに取り合うなんて、頭悪過ぎじゃないの?」
すっかり否定的思考に毒されてしまったあなたは、その否定的な囁きの中身が正しいのか、正しくないのか、などともはや深くは考えない。
頭に浮かんできたことは全て鵜呑みにし、それを自分の奥深くにどんどん溜め込んでいってしまう。


否定的思考の言う内容、丸ごと信じ込んではだめだよ。
頭の中では派手に暴れ回るだろうし、ぎゃんぎゃん大声でわめき立てもするだろうが、言い分が真実かどうかはきわめて疑わしいのだから。
結局、今となっては全てが自分の脳が仕掛けた罠だったとわかった。
あなたはその罠にまんまとはまり、脱け出せなくなってしまったんだね。



もうわかるだろう。
あなたは、サイコパスじゃない。


Psychopath Free (Expanded Edition): Recovering from Emotionally Abusive Relationships With Narcissists, Sociopaths, and Other Toxic People

0 件のコメント:

コメントを投稿